こんにちは!さくらです!

大分にお住まいの皆さん!
こんにちは、さくら・介護ステーション明野です。
ここでは、さくら・介護ステ ーション明野
(株式会社 わ)の代表者、徳永拓真が、
さくら・介護ステーション明野を設立するに
いたった道のりをご紹介しています。

H19.4.3 大分市猪野でとくなが整骨院を開院

中学2年の時、陸上(1500m4分04秒)で九州No1の実績を持つ。しかし高校に入り、身長が一気に伸び、体系も変わったので体重も増え、負担がかかったのかケガの連続で、まともに陸上のできない高校生活を送る。
そこで悔しい想いをした経験から「こんな想いをしているスポーツ選手を救いたいっ!!」と思い整骨院の道へ・・・

開業のきっかけは、自分が長く働けるような会社を創りたい。
つまり、自分が自分の会社で働いていても楽しく、充実した環境にしたかったから。
その為には、整骨院にはあり得ない、社会保険の導入・ボーナス年三回の支給・年に一回の研修旅行という事が必要だった。
さらに頑張った人が、評価される様な会社にしたかった。
(現在は全て達成し、次のステップへ)

H20.8.1 株式会社 わ 設立

一番大切にしているのが、「みんなの輪」です。
スタッフとの輪・患者さんとの輪・同業者との輪・関わる人全ての輪を大切にしたいという想いからこのような名前にしました。
あと、

「輪」みんなの輪
「和」なごみの和
「羽」誰よりも高く飛びたいという羽
「話」コミュニケーション(人間関係)を大切にしたい話

このような意味を含めているので、ひらがなの「わ」にしました。

H21.2ソーシャル・アライアンス大分開設

桑原正守氏に惚れ込み、この教材を整骨院の先生に広めたら、関わった人は喜んでもらえるだろうと想い開設。
今では桑原氏と兄弟のような関係になってかわいがってもらっている。
桑原氏との出会いにより、経営コンサル、整骨院の業績アップ商材の販売も始めた。
(*業者さん調べにより短期間で大分県No1の売上を作った経験から)

H22.3.15 さくら・介護ステーション明野開設

整骨院はこれから厳しい時代になり、会社を支えるもう一つの柱が必要だと思い介護事業を開設。
大分の介護の状況は、夜間介護が稼働しているところがほとんどなく、困っている人はたくさんいて、何とかしなければ!!と思い現在活動中。
・・・そんな代表の思いのこもったさくら・介護ステーション明野です。

H22.3.15 とくなが整骨院 宗方院開業

スタッフの成長を自分自身の経営者としての人間力を試したく開業。
信頼のおけるスタッフに宗方院を任せ、徳永は管理とコンサルをしている。
スタッフの成長を楽しみながら、宗方院の経営をしている。