ヘルパーの離職・退職の原因をご存知ですか?

ヘルパー離職・退職原因グラフ第1位人間関係の問題、第2位会社の運営方針が合わなかった、第3位給料が安かった

それでも、介護の仕事に理想を持つことをあきらめたくないあなたに

人間関係が良い、介護のプロとして学べる環境がある、そんな「笑顔」と「学び」と「感謝」が溢れる職場であることをお約束します

  1. 人間関係

    私が直面した人間関係の問題

    私も以前の職場で、人間関係に悩まされていました。

    難しい人間関係

    実は私は、20歳で介護福祉士となり、数年は結婚と出産で介護の職を離れましたが、10年以上介護の仕事に携わってきました。

    介護福祉士の専門学校を卒業して、私が初めに働いたのは、“特別養護老人ホーム”でした。
    利用者様も多く、一人で50人以上の方をみることも少なくありませんでした。
    介護の仕事は私の天職だと、非常に楽しく働いていましたし、仕事をしている時は本当に充実した毎日でした。

    まず全体像からお話しますと、大きな組織ですから、職員も70人以上、パートを含めると100人以上はいる組織です。
    さらにほぼ女性の職場なので、”派閥”も存在し、常に派閥同士がいがみ合うそんな職場でした。
    働いている人も若い人は少なく、お局さんばかりで、どのお局さんの派閥に入るかで、その人の運命も変わると言っても過言ではない程でした。

    3つの派閥の間では会話もできず、離職率は50%…!

    派閥による人間関係の悪化

    働いていた職場には3つの派閥が存在し、同期入社したメンバーはそれぞれ、各派閥のトップのAさん、Bさん、Cさんから教育を受けることになり、私はCさんから教育を受けました。

    ある時、Aさんに教育を受けていた同期入社の同僚に利用者様の伝達事項を伝えていると、Aさんから「仕事中に何を話しているの?」と言われ、Bさんからは「坂下は、A派閥に入ったらしい!(と噂でささやかれ)」、私の教育担当であるCさんからは、「何を勝手に話しているの?話す必要はない!(無断で口を利くとこは許さない!)」と叱責され、このように派閥の違う同期入社の同僚と会話を交わすのも一苦労の職場でした。

    基本的に、利用者様ではなく、先輩の顔色を伺いながら仕事をすることが絶対というような、まさに最悪な女の職場という環境でした。

    実際にこのような状態ですから、私が勤めている間、つまり入社してから寿退社するまでは、同僚は、3年で全員辞め私は同期の中でただ一人だけの存在となったのです。

    給料は高いのにも関わらず。。。

    私が実際に20万円の給料にボーナスが年に3回年間2~3ヵ月分もらえていましたので、一般の企業に勤める同世代よりも多くもらっていた記憶があります。
    しかし、みんな人間関係に悩んで辞めていく。。。
    非常に離職は激しく、三年経てば全体で、半分以上は離職するそんな職場でした。
    まさにほぼ全ての人が、人間関係の問題を抱えて退職するそんな職場でした。

    私は、人間関係に悩むことも多くありましたが、それよりも利用者様に良いサービスをしたい!
    喜んでもらいたい!という想いから、人間関係の悩みよりも向上心が上回っていたので、他の人よりも長く勤めていられたのかもしれません。

    同僚や後輩は、ことごとくそこに耐えられず辞めていくという現状でした。
    職場は、毎日、他の派閥の悪口、足の引っ張り合い。同じ派閥でも、先輩の機嫌を損ねると、仲間外れにされるなど、今思えばいじめと思えるようなことも少なくはありませんでした。

    こんなはずではなかったと理想と現実のギャップ以上に人間関係に苦しみました・・・

    申し遅れました。私はヘルパーステーション想いの管理者
    務めさせて頂いております、坂下知可と申します。

    ヘルパーステーション想いの管理者

    私は、介護保険制度が始まった2000年に介護福祉士の専門学校に入学し、以来介護の仕事に携わってきました。

    介護の仕事は、本当にやりがいのある仕事で、こんなにやりがいのある職種はないと思っている程、私は、介護の仕事が大好きな“介護マニア”の一人です。

    その介護マニアがたたってか?現在、認知症について、介護研修センターや県の施設などで、訪問介護の仕事の傍ら、施設の職員や一般の方向けに講義などをしています。

    私は、このヘルパーステーション想いのホームページで、私の介護に対する想いと、事実を正直にお話して、少しでも皆様のお役に立てたらという気持ちからこのような形で文章にさせて頂きました。

    赤裸々に表現しますので、乱文で読み辛い点も多々あるとは思いますが、どうか最後までお付き合い頂けたらと嬉しいです。

  2. 運営方針が合わなかった

    介護業界の理想と現実の差

    利用者様の事を考えて仕事をしてはいけないの?

    大分市ヘルパーステーション想い介護風景

    介護の職場は、言われたことだけやっていれば良いという風潮が業界的にはあります。
    自分で利用者様を通して学んだことや、自身で勉強したことを実践すると、「余計なことをするな!」と大半が言われてしまいます。

    つまり、介護サービスを提供するプロとしての学ぶべき環境がなく、学んだことを実践できないのが業界全体の現状なのです。

    実は私も同じような経験をしました。
    私は介護保険がスタートした2000年に専門学校に入学し、それまでの措置制度とは違う新しいことを学びました。

    学校を卒業して、いよいよ大好きな介護の仕事ができるとワクワクし、今まで勉強してきたこと、学んだこと、介護に対する想いをやっと表現できると意気揚々としていました。

    しかし、いざ、就職してみると、思い描いていた理想とは程遠い現実がそこにあったのです。

    特に私が働いていたところは、上からの圧力が強い職場で、何度も利用者様の為にと、取った行動がダメだと潰されたことも頻繁にありました。

    具体的に話しますと、胃瘻(経管栄養)造設者への経口摂取再開への取り組みを行っている時の事です。

    私は利用者様の「おいしいものが食べたい!」という言葉、ご家族の「食べることが大好きだった母に、せめて甘い味だけでも味あわせてあげたい!」というお気持ちに、大好きだった食事の楽しみを少しでも取り戻して頂きたい!
    少しでも利用者様、ご家族の想いを実現させたいと私は、実際に行動をしようとしました・・・

    しかし・・・・・その想いとはかけ離れた介護現場の現実がそこにはあったのでした。

    医師、看護師の許可と協力を得たものの、いざ上司やワーカーに協力を仰ぐと・・・

    「何かあったときの責任は誰が取るのか?」
    「ワーカーの仕事が増えるではないか?」
    「一人にそんなに時間をかけることはできない。他の業務が回らない。」
    「経管栄養で必要な栄養は摂れているから問題ない。」

    と、全く協力を得られずにいました。

    責任や時間など職員優先で物事を考え、目の前にいる利用者様に目が向いていない・・・
    私は大好きな利用者様の為に、少しでも想いを叶えたい、生活に楽しみを増やして元気になって頂きたい!そして笑顔になってほしい!
    そんな想いから利用者様の事を考えて行動していたことが、全くできない現状がそこにはあったのでした。

    組織や職員を守ることが第一で、
    利用者様が一番の運営方針ではなかった…

    大分市ヘルパーステーション想い介護風景

    最終的に担当者の責任であれば、担当者と家族に限ってであれば実施しても構わない。でも問題が起きた時は担当者が全ての責任を負うという形で許可が出ました。

    医師と看護師の指示のもと行ったこの取り組みは、たちまち利用者様を笑顔にし、喜びを感じて頂くことができました。

    しかし、通常の業務時間内で実施することは出来ず、全ての業務を終えた時間外に実施していました。

    しかし、今度はその時間外に実施していることに対して

    「あなたが残ると私たちも残らないといけなくなるからやめてほしい!」
    「無償の残業をすることで、上の人から気に入られようとしている!」
    「あなたが勝手なことをするから私の立場がなくなる!」

    と言われはじめ、継続して実施することはできない状況になりました。

    利用者様の為と想って仕事をすると、職員から責められ、職員の顔色をうかがって仕事をすると、利用者様の為にならない。。。まさに、八方ふさがり。

    私はこの体験から、組織や職員を守ることも大切ではあるが、目の前にいる利用者様に目が向いていない運営は介護ではない!
    やはり利用者様のことを一番に考えて、その次に組織や職員を守ることを考えるべきではないか?!

    そう想い、本当に悔しい毎日を過ごしていました。

  3. 給料が安かった

    介護の仕事は給料が安い?

    介護業界は低賃金?そんな事はありません。

    給料明細イメージ

    介護の仕事は給料が安いと言われていますが、実際にそうなのでしょうか?
    実は私も介護業界は給料が実際に安いと思います。それは現実に社会問題にもなっているので皆様もお分かりだと思います。

    しかし、介護の業種で唯一給料の高い仕事があります。

    それが、“訪問介護のヘルパー”です。これは、介護の仕事では唯一ですし、業界的にも皆様ご存知だと思います。

    実際に休みの時にダブルワークで給料を頂いている人もいますし、仕事が終わってからバイトをしている人も多くいます。

    ヘルパーステーション想いは、時給で平均1350円です。

    大分市ヘルパーステーション想いのスタッフ

    ちなみに、ヘルパーステーション想いは、時給で平均1350円です。
    安いでしょうか?
    ヘルパーステーション想いが、大分市内の中で給料がダントツ高い訳ではありません。一般的な相場です。

    コンビニのバイトは時給700円程、飲食店は、700~900円・・・
    時給1350円のバイトを探すのは逆に大変なくらいです。
    しかし介護の業界で、訪問介護というのは、時給がものすごく高い職種です。

    介護は、3K(きつい・汚い・給料が安い)と言われていますが、私は訪問介護に限っては、3Tだと思っています。

    私が想う“訪問介護の3T”とは、楽しい(利用者様とのふれあいや、色々な勉強になるところ)・高い(給料)・短時間(勤務時間)だと思っています。

    実際にヘルパーステーション想いで働いているヘルパーさんは、家事の合間に仕事をしていますし、実際にこのように給料を貰っている方も沢山います。

    それではヘルパーステーション想いで実際に働いているヘルパーさんの給料明細を公開します。

    1. サンプル01月/68時間45分勤務
      総支給額/¥97,640

      32歳。子供12歳・10歳・3歳の三児の母。
      子供を小学校と保育園に送った後から仕事をしていて、
      子供が帰ってくる頃には、仕事を終えています。
      子育てと仕事の両立を実現。

      大分市ヘルパーステーション想いサンプル01給与明細

    2. サンプル02月/79時間56分勤務
      総支給額/¥110,855

      34歳。子供6歳のシングルマザー。
      子供を学校に送った後に仕事をして、
      子供が帰ってくる頃に仕事を終えています。

      大分市ヘルパーステーション想いサンプル02給与明細

    3. 大分市ヘルパーステーション想いサンプル03月/15時間32分勤務
      総支給額/¥22,810

      34歳。子供5歳・3歳・0歳の三児の母。
      子供を保育園に預けて仕事をしています。17時半には仕事を終えて、自宅で子育てをしており、空いた時間に無理なく仕事をしています。

      大分市ヘルパーステーション想いサンプル03給与明細

    4. サンプル04月/57時間12分勤務
      総支給額/¥83,140

      47歳。旦那さんの仕事の都合で朝は自宅にいなければならないので、14:00~22:00までの時間で仕事をしています。
      空いた時間に働いて、家庭と仕事の両立を実現しています。

      大分市ヘルパーステーション想いサンプル04給与明細

    5. サンプル05月/20時間21分勤務
      総支給額/¥31,046

      27歳。一児の母。
      子供が夏休みの間は、17:00~20:00まで仕事をしています。その他の日は10:00~15:00が通常勤務です。
      自分の都合に合わせて、就業時間も変える事ができます。

      大分市ヘルパーステーション想いサンプル05給与明細

    6. サンプル06月/15時間32分勤務
      総支給額/¥22,810

      大分市ヘルパーステーション想いサンプル06給与明細

    7. サンプル07月/96時間57分勤務
      総支給額/¥136,915

      大分市ヘルパーステーション想いサンプル07給与明細

    8. サンプル08月/19時間42分勤務
      総支給額/¥27,640

      大分市ヘルパーステーション想いサンプル08給与明細

    9. サンプル09月/56時間10分勤務
      総支給額/¥80,500

      大分市ヘルパーステーション想いサンプル09給与明細

    10. サンプル10月/25時間14分勤務
      総支給額/¥17,490

      サンプル10給与明細

    いかがでしょうか?
    介護は安いというのは、事実でしょうか?

    訪問介護に限っては、介護は安いという言葉がそぐわない事が皆様お分かり頂けるかと思います。
    私はこの1~3位の順位を聞いた時にこの給料が安いというところだけには疑問を覚えました。
    介護業界全体としては、事実そうであるかも知れませんが、訪問介護に限っては、決して安くないと・・・

    実際のところ、訪問介護に関しては、給料が安くて退職する人はほとんどなく、大半が1位の人間関係の問題で給料が高くても辞めていっている現状があります。。。

    ※実際にどの会社でも給料が安くても人間関係が良いところは給料が安くても離職が少ないそうです。どの業界も同じなのでしょうね。

介護の仕事になぜここまで情熱を持って取り組めているのか

私が、介護業界を目指し原点とは?

大分市ヘルパーステーション想い介護風景

実は、小さい頃に、慰問で、介護施設を訪れることが多くありました。
入居者様に、踊りを披露して、喜んでもらうのが目的の慰問。
入居者様と職員さんとのやり取りは非常に心地よいもので、入居者様が笑顔になっているのをいつも見ていました。
元々おばあちゃんっ子だったこともあり、こんな仕事っていいなとあこがれを思った程でした。

もう一つ、実は、私の母は病弱でよく入院したりして病院にお世話になることが多くありました。
そこで看護師さんと母とのやり取りを見ていました。

看護師さんの対応は、(その看護師さんは)威圧的で、看護師が上、患者は下というような対応で、非常に気持ちの良くない対応をしていることを小さいながらに感じていました。
病院よりも介護施設の方が、上下の関係ではなく、横の関係で同等に対応してくれていることが私にとって理想でした。
もし母に介護が必要になったときは、あの介護職員さんのように、利用者様に思いやりの心を持って、寄り添う関係であってほしいと思っていたのです。

まさにここが私の原点です。

そして、小学校を卒業するころ・・・・・
介護福祉士という言葉をテレビで知ったのでした。

「私があこがれていた仕事は、介護福祉士という仕事なのか?!!」

そしてこれがきっかけとなり、中学生になる事には、私は介護福祉士になると決めていました。
「私は介護福祉士になって、高齢者と横の関係で思いやりの心を持って、寄り添えるそんな仕事をしたい!」そう強く思っていました。

実は高校も福祉科のある学校を志望していたのですが、両親が進路を狭めるのではなく、普通科に行って、高校3年間で進路が変わるかもしれないから、もし高校3年生の時にでも介護の仕事がしたいと思ったら介護の専門学校に進学すればいい。と言われ、私は普通科に進学しました。

しかし高校の三年間を過ごしましたが、やはり“介護福祉士になる”という意志は、変わりませんでした。
それから、九州では、一番介護の学べる環境が整った福岡の専門学校に進学しました。

高校の時は、決して勉強は好きではなかったのですが、介護の専門学校の勉強は非常に楽しく、毎日充実して、特に大好きな介護の知識が増えていくことが何よりも喜びでした。

実習でもとにかく現場を知り、利用者様とふれあえることが楽しかったです。

介護職の理想と現実のギャップにショック

大分市ヘルパーステーション想い事務所風景

しかし、そこで私の理想と現実のギャップを体験しました。

実習は、利用者様との触れ合いが楽しく充実していたのですが、実際のところ、介護する職員さんと利用者様との関係が理想である横の関係ではなく、現実は、上下の関係であり、職員が優位な立場にいるのだという現実を見たのです。
ショックでした。

「私が希望を抱いていた仕事は、実はこんな仕事だったのか?」
「私が思う利用者様との関係は実現不可能なのか?」

そんな事で悩んだこともある程でした。
私はこの疑問を学生に頃から感じていました。

「なぜ?上下の関係なのか?」
「なぜ横の関係には、なれないのか?」
「横の関係になるには何が必要なのか?」

子供の頃に見たあの職員さんは、考えてみると横ではなく上下の関係だったような気がする・・・
そんな事を考えながら実習を終えたのを今でも覚えています。

そして私は、卒業する時に一つの事を心に決めていました。
それは、“常に利用者様との関わりを大切に、横の関係で常に寄りそう介護福祉士になる”

そして私はそんな介護に対する想いを専門学校の卒論にぶつけました。その卒論は学校内で評価を頂き、トップ数人に選抜されたのも良い思い出です。
私が思い描く理想の介護事業所は、実は今でも変わらぬ想いのままです。

「常に利用者さんとの関わりを大切に、横の関係で寄りそう介護福祉士になる」
「常に利用者さんとの関わりを大切に、横の関係で常に寄りそう事業所を創る」

私はこの想いのまま大分の特別養護老人ホームに就職したのでした。

 

常に利用者さんとの関わりを大切に、横の関係で常に寄りそう介護福祉士になる

大分市ヘルパーステーション想い介護風景

そう決めていざ就職をしました。
しかし現実はそう甘くありませんでした・・・

就職先では、まさに理想と現実のギャップに苦しみました。
先程申し上げたように人間関係はグチャグチャ。
利用者様に寄り添う介護とは程遠い、保守的な環境。
何度辞めようと思ったことか・・・

しかし私は、何とかこの職場を変えようと奮闘しました。
沢山上司とも衝突しましたし、組織の考えにそぐわない行動も沢山しました。
問題児扱いされて、孤立することも多々ありました。

しかし私は、利用者さんと寄りそう横の関係という想いを持っていたので何とかやってこられました。
そして、5年以上働き、結婚をして寿退社・・・・

もう嫌だ!介護の仕事なんて・・・

介護の現状と人間関係に疲れて、この結婚を機に介護の仕事から離れよう・・・そう決めていました。
子供を産むまでは、少し介護とは違う仕事をしようと。。。
そして、求人誌を買い、全く違う行政書士の事務所でアルバイトをしました。
初めて介護以外の仕事をしたので、毎日が新鮮で、毎日来るお客様と話をしたり、お客様の会社に出向いて、打ち合わせをしたり、接客というのを初めて体験しました。

介護以外の仕事をしながら、実は介護の仕事のことを忘れられるにいたので、全ての業務を「もし介護の職場に活かすとしたら?」という質問を自分にしながら毎日仕事をしていたことを今でもはっきりと覚えています。

別の仕事をしても介護の仕事は忘れられない・・・
本当に天職なのだと思います。

そして出産を経験し、、、子供も大きくなってきたので、また仕事をしようと思いました。
もちろん介護の仕事です。

しかし。。。
以前のような人間関係で悩みたくない!
一から新しく私の想い描く介護事業所で働きたい・・・

そんな想いで求人を探していました。

そんな求人を探している日々が続いたある日・・・
ある求人が私のもとに飛び込んできました。
「訪問介護事業所新規開設の為スタッフ募集」
内容を見ると、訪問介護事業のみの事業所。
それも一からの立ち上げ・・・・・・
その求人を見た瞬間私はここで、私の理想の介護事業所を創ると決めました。

そして、一番大変な立ち上げも何とかクリアし、沢山の挫折や思い通りにいかない事があったり、また経営者と衝突したこと多々ありました。

私の決めていた、
「常に利用者さんとの関わりを大切に、横の関係で寄りそう事業所を創る」
という想いを実現するために・・・・

そして今ようやくその私の理想とする介護事業所ができつつあります。

大分市ヘルパーステーション想い介護事業所に絶対必要な二つのこと!コミュニケーションと教育のインフラ整備

理想の介護事業所を創るには様々なインフラを整えなければいけません。

一番は、社員やヘルパーさんとのコミュニケーションのインフラ。
この点は、大分では唯一と言ってもいいかもしれません。
ヘルパーさんでもしっかりと意見が言えて、かつその意見が事業所全体に反映されるそんな事業所です。
現在ここはかなり出来上がっています。

ですから人間関係はどこの事業所と比べても抜群にいいと自負しています。
そして、私が想う介護事業所としての必須だったのが、教育のインフラです。
私は特に教育には徹底的にこだわりました。
実際、今まで私は現場で使うスキルだけ教えてもらう教育しか受けてきませんでした。ですから、私はスキルだけではなく、介護者としてのメンタル(心の在り方・仕事の心構え)をこだわろうと思いました。

介護者としての、心の在り方・仕事の心構え・メンタル教育・・・
日々奮闘する毎日で自分自身に沢山の質問をしてきました。
そして、それを事業所として最も大切な教育の中に盛り込みました。

「どんな想いで利用者様と接するのか?」
「何の為にこの仕事しているのか?」
「この仕事がどんなに人の為になりそれが、また自分の為になっているのか?」
「利用者様が喜ぶことがどれだけ大切なことなのか?」
「どう皆が同じ方向性を向けるような環境を創るのか?」

数多くの教育を私は、このヘルパーステーション想いの教育に盛り込みました。
まだまだ完成はしていませんが、これからもっと良いものをみんなと共に創っていこうと思っています。

こんな想いから「ヘルパーステーション 想い」は、利用者様にサービスを提供させて頂いています。
このヘルパーステーション想いは、まさに“私の想いそのもの”なのです。

事業所の名前も実は私が付けました。
「常に利用者さんとの関わりを大切に、横の関係で寄りそう事業所を創る」
つまり一言で言うと“思いやりを大切にする”こと。
私の想いと思いやりという言葉から、ヘルパーステーション想いは誕生したのです。

ヘルパーステーション想いのご紹介

  1. 多様な働き方が可能

    計画イメージ

    主婦の方や、子育て中のママも多く在籍しています。
    また中には、数名ですがダブルワークの方もいらっしゃいます。
    皆さん、空いた時間にお仕事をしています。
    まさに働くあなたの都合に合わせた時間で仕事ができます。

  2. 教育システムが確立しています

    大分市ヘルパーステーション想い研修風景

    主婦の方や、子育て中のママも多く在籍しています。
    また中には、数名ですがダブルワークの方もいらっしゃいます。
    皆さん、空いた時間にお仕事をしています。
    まさに働くあなたの都合に合わせた時間で仕事ができます。

  3. 人間関係が良好で、派閥はありません

    大分市ヘルパーステーション想いスタッフ

    主婦の方や、子育て中のママも多く在籍しています。
    また中には、数名ですがダブルワークの方もいらっしゃいます。
    皆さん、空いた時間にお仕事をしています。
    まさに働くあなたの都合に合わせた時間で仕事ができます。

  4. 離職率が低く、長く働ける職場です

    大分市ヘルパーステーション想いミーティング風景

    主婦の方や、子育て中のママも多く在籍しています。
    また中には、数名ですがダブルワークの方もいらっしゃいます。
    皆さん、空いた時間にお仕事をしています。
    まさに働くあなたの都合に合わせた時間で仕事ができます。

  5. 理想のサービスを形にできます

    大分市ヘルパーステーション想い介護風景

    主婦の方や、子育て中のママも多く在籍しています。
    また中には、数名ですがダブルワークの方もいらっしゃいます。
    皆さん、空いた時間にお仕事をしています。
    まさに働くあなたの都合に合わせた時間で仕事ができます。

大分市ヘルパーステーション想いのご紹介

大分市ヘルパーステーション想い先輩スタッフの声

先輩スタッフアンケートの質問項目

  1. 利用者様と接しているときに心がけていることは何ですか?
  2. 利用者様から言われて心に残っている言葉は何ですか?
  3. ヘルパーステーション想いで働いてよかったと思うことは何ですか?
  4. ヘルパーステーション想いで働いて一番勉強になったことは何ですか?
  5. ヘルパーステーション想いで働いているスタッフはどんな雰囲気の方が多いですか?
  6. ヘルパーステーション想いと以前働いていた事業所の違いはどこですか?
  7. ヘルパーステーション想いの魅力を3つ上げてください
  8. どんな方にヘルパーステーション想いの仲間として働いてほしいと思いますか?
  9. ヘルパーステーション想いの管理者の坂下はどんな人物ですか?
  10. 最後にこれから働きたいと思っている方に一言

ここまでの良い人間関係の職場環境を作るのに様々な困難がありました

立ち上げ当初は、情熱が空回りする毎日

私は常に、「もし私がヘルパーさんの立場になったら?」と自分自身に質問しながら仕事をしています。
大前提としてもちろん「利用者様の立場だったら?」という質問もありますが、ここではヘルパーさんだけに限定させて頂きます。

私が働きたい職場をデザインすることが私の仕事だと思っています。
しかし、未熟だった私は沢山の失敗をしました。
ヘルパーさんの意見を受け入れることができず、喧嘩別れしたことも多々ありました。
私に不満を持ったヘルパーさんが集団で私に意見をして、大量離職をして、利用者さんに迷惑をかけたことも多々ありました。
うまくいかない事で、イライラしてスタッフや家族にあたったこともありました。
入社してすぐの社員さんが私の情熱について来られず、突然の退職を何度も経験しました。
私の求める職場を創る為に頑張っていたのですが、それが空回りする毎日。
何度も逃げたいと思いました。
人が定着しない職場が続きました。

成長イメージ

結果立ち上げ社員のメンバーは私一人のみ。ヘルパーさんもオープンから働いてくれた方もたった一人だけ残って後は全員退職しました。

「私は一体何がしたいのだろうか?」
「私は創りたい事業所は本当にできるのだろうか?」
「私がやっていることは正しいのだろうか?」

そんな自問自答の毎日でした。
すっきりせず疑問の残る毎日を送っていました・・・

自分の間違いに気付かせてくれた、宝物のような言葉

そして、ある職場関係を向上する目的の社外研修に参加した時のことでした。
私はある言葉に、衝撃を受けました。
この言葉に自分の間違いに気づき、今までの自分に対する悔しさ、情けなさ、恥ずかしさ。
またそれと同時に、今まで働いてくれていた方への申し訳なさに涙してしまいました。

「ごめんね。本当に今までごめんね。」

そんな感情が私に込み上げてきたことを今でもはっきりと覚えています。
私を奮い立たせたその言葉は、
「人を物ではなく、人としてみる。」でした。

コミュニケーション

この言葉は、ヘルパーさんを駒として扱っていた自分に気づかせてくれた宝物のような言葉となりました。
ヘルパーさんは、自分の思い描く理想の職場を創る駒としてしか考えていない自分にいたことに気づきました。
なぜ私は今まで社員さんやヘルパーさんを物のように扱っていたのだろうか?
ショックでした。
自分が本当に恥ずかしく情けなく感じた瞬間でした。
利用者様とは横の関係を考えていたのですが、ヘルパーさんや社員さんの関係が上下の関係であることに気づいたことでした。

想いに共感してくれるメンバーと思い描く理想の完成形へ

そして私はそこから変わりました。
利用者様と同じようにヘルパーさんや社員さんと接しよう!
同じ人間なのだから、一人の人として向き合おう!そう決意しました。
それから徐々に状況は良くなってきました。

さらに、私はもう一つ大きな気づきを得ました。
それは、採用です。
今まで残ってくれている人と辞めていった人の違いを考えました。

実際に退職していった人に電話を掛けて、退職した本当の理由を聴いたりもしました。
(※想像以上にボロカスに言われた経験もあります。しかし、良い学びになりました。でも皆、言葉は違えど、言っている事は同じでした。人として見られているような気がしなかった。物として扱われているような気がした。でした。)

理想の介護イメージ

そして一つの答えが導き出されました。
「同じ考えを持った人しか採用しない!」
「この事業所の想いに共感してくれていない人は採用しない!」

でした。

そして今そんなメンバーが集まり、私の思い描く理想が完成しつつあるのです。

これからお話しすることに共感できない方、少しでも疑問に思う方は、応募をご遠慮ください。

大分市ヘルパーステーション想いのメリット

  1. メリット1スキルアップできる

    大分市ヘルパーステーション想い研修風景

    介護のスキルアップはもちろんの事、人として成長できる。

  2. メリット2家族が協力してくれる

    大分市ヘルパーステーション想いスタッフ家族

    事業所と働いているスタッフの家族が近いので、子供さんや旦那さんやご家族皆がどんな職場かを知っているので、家族の理解が得られやすいです。

  3. メリット3アットホーム

    大分市ヘルパーステーション想い飲み会

    飲み会を開いたらほぼ全員参加し、時には家族まで参加する事もある程です。
    事業所に、自分の子供や孫を連れて来ることは日常茶飯事で、子供も事務所に来たがる程です。

  4. メリット4挑戦できる職場

    大分市ヘルパーステーション想い研修風景

    資格にしろ、研修にしろ、サービスにしろ、自分を高めるチャレンジを応援する職場です。(実際に入社して、介護福祉士を取った方も多数います。)

しかし、働くことのデメリットも存在します

大分市ヘルパーステーション想いのデメリット

当社で働ける方の絶対条件

求人応募をすればあっさり採用される職場ではありません。

当社で働ける方の絶対条件は、
介護の職場が大好きで情熱を持っている方に限ります。

つまり介護の仕事に情熱を持っていない人はあっさりとお断りさせて頂いています。

情熱を持っているとはどのようなことなのか具体的に上げていきます。
全てがパーフェクトの人はいません。
もし仮にあなたが、4個以上自分で当てはまると思ったのなら、今すぐヘルパーステーション想いの求人に応募する事をお勧めします。

もしかしてお気づきかも知れませんが、ほとんどの方が面接をしても、採用にはなりません。

しかし一度採用されるとほとんどの方は、長く働いてくれます。
それは私が、できるだけ同じ方向を向いた方とだけ情熱を持って楽しく仲間と共にこのヘルパーステーション想いで働きたいと思っているからです。
ですからこの求人応募から採用までは、かなり狭き門となります。

人選にこだわりにこだわっている結果・・・
人間関係が良い!
介護のプロとして学べる環境がある!
そんな「笑顔」と「学び」と「感謝」が溢れる職場であることをお約束します!
と宣言できるようになっているのです。

しかし、
こんな情熱を持った集団ですから、利用者様が殺到しています。
だから情熱を持ったあなたの力が必要なのです。

毎日のように、ケアマネジャーさんからこの利用者様をお願いしたいのだけど・・・と連絡が来る程です。
しかし、私はプロとして、利用して頂いた方に失礼のないように、情熱を持った方だけを採用し、その方をよりプロとしての心構えを教育してからしか現場には出すことはないのです。
利用者様の事を第一に考え、現在はほとんどケアマネジャーさんからのご依頼をお断りしているのが現状です。

私はもっとこのヘルパーステーション想いで人財を育て、多くの方に私たちのサービスを利用して頂きたいと思っています。
その為に情熱を持ったあなたの力が必要なのです。

情熱を持って仕事をしたいとおもっているあなたは、今すぐこの求人に応募・もしくは事業所見学にいらしてください

まずはお気軽にお問い合わせください

大分市ヘルパーステーション想い求人応募フォーム

大分市ヘルパーステーション想い電話番号:

「ホームページの求人を見たんですけど、いつ面接できますか?」
もしくは「ホームページの求人を見たんですけど、いつ事業所見学できますか?」と今すぐお電話下さい。

もう介護職を転々とするのはお辞めください。
そんな想いを込めまして、面接の際に就職先で失敗しない10の確認事項をプレゼントさせていただきます。

また、給料の支払いも、相談に応じます。
日払い・週払いも可能ですので、是非遠慮なくご相談下さい。

さらに、今回このホームページの求人応募をして頂き、さらに採用まで至った方に限り、就職お祝い金として1万円を差し上げます。
*ただし3ヵ月の勤務完了もしくは、3カ月を超えて50回以上のサービスに入ったときのみお支払いいたします。

情熱を持って仕事をしたいと思っているならあなたは今すぐこの求人に応募もしくは事業所見学に来られて下さい。。
問い合わせフォームと電話の両方。できるだけ電話にするように促す。
「ホームページの求人を見たんですけど、いつ面接できますか?」
もしくは「ホームページの求人を見たんですけど、いつ事業所見学できますか?」と今すぐお電話下さい。

情熱を持ったあなたをお待ちしています。

ヘルパーステーション想い 管理者 坂下知可

情熱を持って仕事をしたいとおもっているあなたは、今すぐこの求人に応募・もしくは事業所見学にいらしてください

資格

※下記のうちいずれかを必ず保有のこと
 資格のない方は、採用できませんので予めご了承下さい。

  • ・介護福祉士
  • ・実務者研修修了者
  • ・介護職員初任者研修修了者
  • ・ヘルパー2級・1級
  • ・介護職員基礎研修修了者
給与

生活援助1200円/時間
身体介護1500円/時間

※夜間・早朝は25%増し、深夜は50%増し

時間 24時間の中で都合の良い時間帯
週1日1時間からOK